里地・里山がどのようにしてできたのか、そしてどのように移り変わってきたのかをふりかえってみます。また、里地・里山が、おとぎ話の中で、どのようにえがかれているのかもごしょうかいします。

里地・里山がどのようにしてできたのか、そしてどのように移り変わってきたのかをふりかえってみます。また、里地・里山が、おとぎ話の中で、どのようにえがかれているのかもごしょうかいします。

line

旧石器時代から縄文(じょうもん)時代の前期は、その土地で自然に生える木々におおわれていました。東北地方南部よりも南の日本列島は、ほとんどがシイや、シラカシなどのカシを中心とした常緑広葉樹の林でした。そ...

続きを読む

キーワード:

line

縄文時代の中期になると、人々は主食のどんぐりのあくをぬいたり、料理するために、火を使うようになりました。また、食べられる植物のさいばいも始まりました。たとえば青森県で発見された三内丸山いせき(5500...

続きを読む

キーワード:

line

もっと里山らしい形に近づいたきっかけが稲作(いなさく)の始まりでした。イネのさいばいは、これまで弥生(やよい)時代に始まったとされてきましたが、最近の研究によると、縄文時代後期に陸稲(おかぼ=畑でさい...

続きを読む

キーワード:

line

やがて大量に木が使われる時代になりました。まず、5世紀から8世紀にかけては、陶器(とうき)を作る窯業(ようぎょう)がさかんになり、7世紀ごろには、近畿(きんき)地方を中心に建築ブームが起きました。さら...

続きを読む

キーワード:

line

里山は各地の水田地帯で、欠かせないものになっていました。草や落ち葉は田畑の肥料になり、柴(しば=小枝や小さな雑木)は燃料になりました。 また、高木は家の補修や、かり取ったイネをかんそうさせるはさなどに...

続きを読む

キーワード: